日本 歴史 近世. )」と呼ばれる銃です。 このRSGは、銃身にライフル銃のような施条が掘られており、サボット弾と呼ばれる特殊な弾を発射します。弾頭はライフリングによって回転が加えられるため、RSGは散弾実包を使う銃でありながらも、ライフル銃と同等の精密性を発揮します。, サボット弾は、硬質なプラスチック製カップワッズ(サボット)の中に、弾頭を詰めた散弾実包(ショットガンシェル)の一種です。 このサボットをライフリング銃身に通すと、ライフリングに沿ってサボットに回転が加えられるため、中の発射物も一緒に回転します(①)。銃口から飛び出したサボットは、しばらくすると空気抵抗の差により弾頭だけが先行し(②)、回転が加えられた状態で弾が滑空します(③)。 なお、サボット弾に使われる弾頭は、ライフル弾頭のような円錐形がほとんどですが、サボット弾はライフル弾のように薬莢を圧着する必要が無いため、どのような形状でも撃ち出せます。, たとえば「プラムバタ」と呼ばれるタイプでは、弾頭が槍状になっており、これに回転を加えることで円錐タイプよりも高い精密性と貫通力をもたせることができます。, この仕組みは、戦車の『装弾筒付翼安定徹甲弾:APFSDS(Armor-Piercing Fin-Stabilized Discarding Sabot)』といった兵器にも応用されています。, 海外で製造されているライフルドスラッグガン(RSG)は、銃腔のすべてにライフリングが施されています。しかし日本で流通しているハーフライフル銃は、ライフリングが半分以下に削られています。 実を言うと、このライフリングを削る理由は、”性能を向上させる”といった目的ではなく、日本のおかしな法律に合わせるためのものです。, 『ハーフライフル銃』が生まれた経緯について説明する前に、まずは日本のライフル銃に関する規制について、お話ししましょう。, 日本の銃刀法では、「狩猟を目的とする場合、ライフル銃は散弾銃を10年以上所持していないと、持つことができない」という、通称『ライフル10年縛り』の決まりがあります。 この決まりについて公安委員会は、「ライフル銃は散弾銃に比べて射程距離が長く、外れたら流れ弾を作る危険性が高いため、まずは散弾銃で銃の取り扱いを学ぶべき」という見解を出しています。, 日本の公安委員会は安全性のため初心者がライフル銃をもつことを規制していますが、よく考えると、これはかなりおかしな話です。そもそも、発射した弾が流れ弾になってしまうのは、獲物に命中しなかったからです。だとすれば、ライフル銃よりも精密性が低い散弾銃で射撃をした方が、流れ弾を作る危険性はもっと高くなります。つまり安全面から考えれば、銃の扱いに慣れていない初心者ほど、精密性の高いライフル銃を使うべきだと言えるのです。 そもそもな話、散弾銃の射撃(クレー射撃などの動的射撃)を練習したからといって、ライフル銃の静的射撃が上手くなるわけではありません。包丁と斧が、同じ”刃物”でもその用途がまったく違うように、ライフル銃は散弾銃の上位互換ではないのです。, このような経緯があり、かつて日本では狩猟者から「安全面から考えて、初心者にもライフル銃を持たせてほしい!」という意見が出されました。これに対して「狩猟者にライフル銃を持たせたくない」という姿勢を崩さない公安委員会との間で、長いことスッタモンダの押し合いがあったのですが、最終的に「RSGのライフリングを半分未満に削った銃であればOK」という折衷案で決着が付いたのでした。, さて、ここで一つ疑問に思うのは、「なぜ公安委員会は、かたくなに狩猟者にライフル銃を持たせたくないのか?」ということです。 その理由は定かではありませんが、ひとつは1965年の「少年ライフル魔事件」、また1970年の「瀬戸内海シージャック事件」など、狩猟用ライフルを悪用した事件が多発したため、1971年の銃刀法改正時に「凶悪事件に利用されかねないライフルの絶対数を少なくする」目的で、ライフル10年縛りが加えられたのだと考えられます。 またおそらく、戦前から続く日本的な”しきたり”もあると思います。明治時代以降の日本軍では、使い古した歩兵銃(ライフル銃)を民間人に”狩猟用”として払い下げていました。しかしこのとき日本軍では、「民間人が兵隊さんと同じ銃を持つのはけしからん!」として、軍用銃のライフリングを削って渡していたといわれています。つまり日本において「ライフリングを削る」という行為は、民用銃(猟銃)と軍用銃(武器)を区別するため、という理由もあるのではないかと思います。, さて、ここまでのお話で、なぜ『ハーフライフル』という存在が生まれたのか、簡単にまとめておきましょう。, ハーフライフル銃の元であるRSGは、銃メーカーが最も性能が良くなるように研究を重ねて出来上がったものです。すなわち、その設計にわざと手を加えるのは明らかに”改悪”であり、当然ながら精密性も低下します。 銃は『弾を遠くに・正確に命中させる』ことに、しのぎを削る歴史を持っています。そのなかで、当たりにくくする改造が施された日本のハーフライフル銃は、歴史の中でも異端者であり、海外から見れば「ナンセンス」な存在です。 先にも述べましたが、弾は狙った先に命中しないと危険です。なので銃は現在でも、精密性を上げるために日々進化を重ねています。そのような中で射撃の精密性を下げる規制に固執する日本は、やはりおかしな状況だといえるのです。, 今回は『ライフル銃規制』についてお話をしました。おそらくこの先も『ライフル10年縛り』や『ハーフライフル銃』の存在が緩和されることは無いと思います。しかし、少しでも多くの人が、日本の銃規制は形式主義すぎて安全性を損ねている、という事実を知っていただければ幸いです。それでは今回はこのへんで。, ハンターが知らない『鹿スカル』の売り方。狩猟マテリアルは”情報提供”で価値を創出する, >世界的に見て異質な、日本のハーフライフル銃 和智 香氏の拳銃放浪記によると、70年代後半当時の中南米諸国では、民間人でも、口径32若しくは38までの短銃(ブラジルやアルゼンチンでは16番や20番の散弾短銃すら…)所持は可能でした。しかし、ライフルは、多くの場合、口径22リムファイア(ブラジルの様に口径38スペシャルの短銃弾を使用するライフルの所持が可能な国もありましたが)までしか、所持出来ませんでした。当時の日系人の方からすれば、祖国よりも、母国の方が寛容と言う訳でした。, また、高名なハンターだった柳田啓介氏は、80年代後半、旧ソ連のシベリアへ狩猟に出かけています。この時、旧ソ連の高名なハンターのバイコフが、アムール虎を仕留めた際、頭部に10発も撃ち込んで、漸く仕留めた事を訝し気に思っていました。何故なら、アフリカでの経験から、象や犀でも、口径375H&Hクラスのライフルなら、そんなに弾はいらないからです。しかし、現地のハンターが手にしていたのは、皆、小口径でした。, ですから、国が違えば、法も異なります。欧米先進国=世界ではない。それが現実で、一概に日本だけが、異質とは言えません。法令なり、なんなりの枠内で活動するしかないのでは?, また、日本に於けるハーフライフルの由来は、戦前、少数が入っていたホーランド・アンド・ホーランドのパラドックス水平二連散弾銃では?銃身の半分に浅いライフリングが彫られており、鹿狩りに有効だったと言いますから。, 素晴らしい知見をありがとうございます。 国や時代が違えば、銃規制の法律は違うという点、まことにその通りです。 日本であっても戦前は拳銃の所持が認められていたりしますしね。, ただ、法律が現状に合っているかという問題は、また別だと思います。 「悪法も法」とは言いますが、「ライフルは射程距離が長いから、散弾銃よりも扱いは上」 といった道具に優劣を与えるのは、やはりおかしなことだと思います。 道具は目的に応じて使い分けるべきであり、長距離狙撃を目的とする狩猟を行う前提であれば、 わざわざ「ハーフライフル」というバッファを強制するのではなく、初めからライフルの勉強をさせるべきだと思います。, ハーフライフルの由来については、あくまでも仮説になりますが、日本軍が民間に銃を払い下げる時に ライフリングを削っていた”儀式的”な理由が、現在まで引き継がれているんじゃないかなと思います。, [射程距離が長いから危険]というのはテロに使われた場合の対処の難しさから来るのではないですか?アメリカでライフルのフルオート機能が違法なのは法執行機関が犯人を制圧することの障害になるからだといわれています。軍用小銃のライフリングを削って渡していたのも、軍用銃としての機能喪失=軍用銃での対抗が容易であるので安全ということです。, コメントをありがとうございます。 確かに、テロ対策という考え方もありますね。 しかし日本は明確に武器の所持を禁止しているので、所持許可が下りた銃はあくまでも”道具”という扱いです。 なのでテロ対策という考えがあるのなら、そもそもライフル銃は所持できない仕組みになってないとおかしいと思います。, また「散弾銃所持10年縛り」がテロを抑止する基準というのはおかしいと思います。 「散弾銃を10年持った人はテロを起こさない」とする根拠がありません。 なので、もしライフル銃を持たせたくない理由がテロ防止なのであれば、法律にそう明記すべきです。 そのうえで『身辺調査をより厳重に行う』だったり『ライフル銃は完全委託にする』なり、よりテロ防止に効果がありそうな付帯条件を付けるべきだと思います。, 流れ弾とはおかしなことを言われます 銃猟においてはバックストップの意識が何より重要であり、どんなノーコンであろうがここがちゃんとしてれば流れ弾が生じることなどあり得ませんね そんなド基本すら失念するレベルに於いては、技量の方もライフルだからよく当たるなどと言う次元のには達していないでしょう, この場合のリスクがライフルと散弾銃では桁違いなのだから、ライフルはより厳しく規制されて当然です, あんたホント馬鹿だな いついかなるどんな時でもバックストップがあると本気で思ってんの? それとも無かったら撃たなければいいと? 物事は1か0かでは語り切れないだろうに有識者ぶるなよ阿呆 「バックストップがあると思ったのに弾が逸れて流れた」 「微妙な位置だが狙った位置に当たらず流れた」 こういう事態について話してんのよ、基本を急に蒸し返してチャブ台返しすんなハゲ, 興味深く、読ませてもらいました。その通りです。私も諸外国と同様、最初からライフルで狩猟や射撃競技に参加できるようにするべきだと思います。 日本でライフルに対する異常ともいえる規制が生まれた理由は諸説ありますが、ファーイーストガンセールスのホームページに書かれていることが真実なのではないかと私は思っています。 それによれば、ライフルの射程距離(308、30-06口径で300メートル、最大到達距離4キロ、ちなみに散弾銃はスラッグ弾で50~100メートル、最大到達距離700メートル)が規制が生まれる前の1960年代に問題となり、ライフルを散弾銃を持ち続けて5年後に購入可能にする法律を成立させるために10年という数字を出したところ、当時の猟友会が「まあ、いいか」という感じで10年という規制が成立してしまったらしいのです。 つまり、この10年という規制はよく考えて作られたものではなく、ライフルの射程距離を異常なまでに問題視した当時の警察機構が可能な限りの規制を作るために言い出し、当時の猟友会が特に深く考えることなく承諾して生まれたもので狩猟や射撃競技、一般の所持者のことまでよく考えて作られたものではないということです。 ちなみに国会でも「日本の狩猟でライフルは不要ではないか」という発言があったそうですが、事実は散弾銃さえあれば大丈夫というわけではありません。諸外国でライフルの方が購入が難しいと言っても日本のような異常な規制はなく、必要な時に必要な手続きを取って所持が可能な理由はこれでしょう。 なので、私は本当に狩猟を振興してハンターを増やしたいのであればライフルの所持制限は現在、検討されている散弾銃を所持して5年ではなく、散弾銃と同様、最初から所持ができるようにすべきだと思います。 散弾銃でもシカやイノシシは確かに捕獲できますが、ライフルの方が使いやすく捕獲の成功率も高いというデータがあり、ライフルの射程距離が長いと言っても4キロどころか300メートルも離れて犯行に及ぶ犯罪者はなきに等しく、ライフルの方が威力があるといいますが、実は散弾銃の有効射程内ではスラッグ弾と308ウインチェスター弾の威力は等しく、スラッグ弾の方が弾頭の重量が大きいので至近距離ではスラッグ弾の方が破壊力が大きいという事実があり、ほとんどの犯罪者は至近距離で犯行に及んでいる以上、ライフルの射程距離を異常なまでに問題視するのはおかしいと思うからです。, 警察は本当に異常です 50年ほど前の意識で現在を生きているやつが多すぎる 昭和の忘れ物みたいなジジイが令和でわかった風に口を聞きやがる 「警察としては民間人に銃を持たしたくない」と言うがじゃあ警察さんは月に何匹の鹿と猪を駆除してるんだろうか?10匹か?100匹か? やりもしないくせに偉そうに口は出す。抜本的な改革がこの国には必要だ。, 大変おせっかいですが、当ホームページはよくできていて、多くの方が見ていると思いますので、一言。, 現行のハーフライフルはほとんどが元残し(銃口側のライフリングを削り落とす)です。 大昔の過去に先残しハーフライフルもありましたが、廃れました。精度面で元残しのほうが良いと発表されたのが原因です。, また、ハーフライフルはライフリング分を削り落とすものですので、本来の番径である12番なら18.5㎜程度より大きくなることはまずありません。ですので、スムース→ライフリングの切り替わり部分のコーン部はライフリングの線があるのが正解です。 ちなみに明らかに削った後の口径がでかい銃身は、ほとんどゴミ同然の精度しか出ません。, 余談になりますが、最近は加工技術が目に見えて向上しており、意外と精度の悪化は少ないそうです。 現にハーフライフルで100m1~2インチ程度の集弾もあります。 法律を変えるのはなかなか難しいでしょうし、良い銃が多く出回ることを願います。, 初心者につき、貴サイトで勉強させていただいております。ありがとうございます。 で、色々なサイトの情報と警察のお話を聞いて思ったことですが、日本での制限がこうなってしまったのは、狩猟や経験値どうこうというよりは、単に犯罪で使われる際の「射程距離」と「流通本数を減らす」ことで犯罪を抑制するためだと思うのですが、どうでしょう?  「浅間山山荘事件」などではライフルが奪われ、長射程から狙われたという事例があるように、警察側としては「射程の長い銃器」と「装弾数」はできるだけ少ないほうが好ましいわけで。  要は撃ち手の問題というよりは、「モノが無ければ悪用される確率が減る」、散弾銃なら装弾3発、ハーフであってもライフルよりは射程は短いだろうし、10年制限にすれば絶対数は間違いなく減るだろうという統計的理屈。表向きの口実は別にして、警察や公安の立場ならそう考えるだろうと思うのです。  まあ、スラッグの反動とか爆音を体験すると、小口径のライフルが欲しいなとは思いますけどね、、、あと9年我慢します(笑), コメントをありがとうございます! 確かに、「ライフル10年縛り」が生まれたのは昭和46年、小口径ライフルが猟銃として所持不許可になったのが昭和48年なので、この時代の事件史を背景に考えると「ライフルを制限して流通量を減らすことで犯罪に使用される可能性を抑える」という防犯的な理由は確実にありそうですね。 これについては本文中に追記しておきます。ありがとうございました!, ただそれでも、日本の治安維持における古くからの考え方として、銃器を猟具と武器に分けて民間人に武器を所持させないという意図はあったと思います。 この辺の、猟具と武器の違いについては近いうちに記事にしたいと思います。 是非、よろしくお願いします。, 追)小口径ライフルで無くても、6mmPPCやハイパワーエアライフルという手もありますゾ!, Copyright © 2020 |チカト商会 All Rights Researved, 日本には『ライフル銃は、散弾銃を10年所持しないと持てない』という特殊な規制がある。, 大物猟専門であれば、精密性の低い散弾銃よりもライフル銃の方が流れ弾を作るリスクが低い。, 日本の公安委員会は、理由はともかくライフル銃を民間人に持たせるのは嫌。おそらくその理由は形式的な話。.

平野紫耀 夜会 Dailymotion 13, 今日から俺は ロケ地 静岡 12, テラハ みちこ 炎上 16, ハンナ バグショー 身長 20, 慶應 メディアデザイン 評判 38, 韓国 モッパン ベンツ 炎上 21, 左 肘 スピリチュアル 25, Nyn姉貴 素材 静画 12, トリック 霊能力者バトルロイヤル 小ネタ 10, 阿部亮平 ネックレス Dior 21, 薬屋のひとりごと 3巻 小説 ネタバレ 18, 広瀬すず 中川大志 熱愛 43, 西濃運輸 問い合わせ 電話番号 21, 古い ロードバイク メンテナンス 11, ラメ 描き方 アイビス 8, パソコン カビ 掃除 4, 蘭陵王妃 あらすじ ネタバレ 5, 瀬戸康史 インスタ 削除 42, サラ オレイン 坂の上の雲 11, 監査役 野崎修平 ロケ地 4, アニメ映画 興行収入 平均 34, Pso2 アニメ 感想 あにこ 6, 乳がん 病理結果 見方 10, 前歯 インプラント 芸能人 19, 仮面ライダー 変身 Gif 6, 篤姫 若い頃 写真 12, イルビゾンテ ムック本 次はいつ 54, 干す 意味 オタク 11, 聖書 順番 覚え方 5, あい みょん 浜田省吾 コンサート 58, ポケダン Dx クリア後 10, 浴衣 仕立て 格安 ミシン 8, レゴ マーベル スーパーヒーローズ 攻略 28, サンボマスター山口 皮膚 科 12, シニヨンネット バレッタ 使い方 5,