�3��S�Ǟ�g60�B����I� 重要ポイントを暗記する ↓ ・イミプラミン ・モルヒネ硫酸塩水和物 あそこがビンビン:アスコルビン酸, マグカップ:酸化マグネシウム →血漿タンパク結合率の強い薬 近位尿細管でのNa+再吸収 ・Na+は、尿細管、集合管で99%は 再吸収される。 ・能動輸送で再吸収。 ・その内の60~70%が近位尿細管。 Na+再吸収の経路② 2 ヘンレの太い上行脚での 再吸収 3 遠位曲尿細管での再吸収 Na+再吸収の経路 ③ 4 集合管での再吸収 ��D���L%o���W&S���d*�s�L����2u#k�L�S��h[C��Ev�4x�(S-rK�#dJ��f�LMp.�T���J�mn*z��k�d��a}d�ys��\���߇[L� ���L�k����[�Ҟ2��#�Y�9^�I��וIY��f����u�n���rk$%@1����@2 �4RN�\�SMǽ �ꤰб��9;������r����l�V��Ƞ����ױ6�A�9\�"$���C�1� �~��u���ONH�^\d�Z]zQyAnKeX�!��*ד!�Xy=�{�a 桺����T��ҳ����\*Jt���%�֒�ri��3Д�xK�ԅ{q�Z����7b_�. 焦ったぞ :アセタゾラミド, 薬が排泄される過程では、それぞれの段階での薬物相互作用がある。主に糸球体ろ過での相互作用、尿細管分泌における相互作用、尿細管再吸収における相互作用がある。, ・糸球体ろ過の相互作用 アルカリ :尿pHアルカリ性 endobj 尿細管再吸収での尿のpH変化による相互作用. 解説 1.近位尿細管ではなく、遠位尿細管や集合管に作用します。 2.アルドステロンは、副腎髄質ではなく、副腎皮質から分泌されます。 3.アルドステロンは、ナトリウムの再吸収を促進し、カリウムの排泄を促進します。 <>>> ・アスピリン ①尿細管利尿薬は尿細管でほとんど再吸収されないため、尿細管内の浸透圧が上昇 ②管腔内の等張性を保つため、尿細管からのNa+とH2Oの再吸収が抑制される。→ 尿量増大 ③血液中の浸透圧も上昇→組織細胞から血液中に水分が移行 ④腎血流量増大 近位尿細管ではグルコースやアミノ酸の 能動的 再吸収が行われます。それに対して遠位尿細管では薬などが単純拡散により再吸収されます。 これらの糸球体ろ過、尿細管分泌、尿細管再吸収によって薬の排泄が行われていきます。 ・免疫の抑制 YA-?%�)l|��nnNL���Ǫys��rP}�Rt��Jy�q*I���&d7lR��+ܷ�=��AЃ���eBҾ���hPs 55A��bN�S�fQ�6�IʽO�?`w�F�P�ל�ʫ֠���C�G��1���v��isA�w�*1�&�O3�j�r�w��ٹ�Qp�ö�u�[�Q`�5��]���'�-i)50Ҿ�8�J='����&�� �L�zna>�J����*�T=yf3�~c-��]�ݛí ��)�^ؽ�"�a�����uV(��[fa#o��`Į�Ȏ�82Z����A����L��k�2��5�A2��svņ��3#$��a��d�p>v��j�8�1I(H�dB4j!ݔLHw��G|��tpv�kd!�F�G �h�W{���q. 類似問題を解く, もちゆきナースのブログでは、看護師国家試験に出題されるポイントのゴロをたくさん紹介しています。 ߜ`r4y��0��ʻES��Y�K��/Z�4LMʛYT�Q�X�Ԩ�;2m ����U�X�=�_'u��aGlmcnyԐ���6�!�+D]6hr���"B�"�Z�x��썚��D��� /#~�mJ�m-��_&mo�K�L(�d�u��ȃ�� �׆PA��ͽ�=��Kk����t��������`�ET!i���6����d��p}�~���0�fOX@\"/�'�����W����dT�9�.�[���+�q ��'Ŧm?$��]>^[#q�O���+�A��xW�&4cI%�v�ŝ���7 3.アルドステロンは、ナトリウムの再吸収を促進し、カリウムの排泄を促進します。 (レビューブックを使う) 目次尿細管障害の鑑別尿細管障害の部位と疾患名、病態まとめ 尿細管障害の鑑別 ファンコーニ症候群 バーター症候群 ギテルマン症候群 遠位尿細管性アシドーシス リドル症候群 病態 近位尿細管が機能不全をきたし再吸収ができなく 2 0 obj ↓ ・たんぱく質代謝 3DY{ =��=�{#�#��{��#%�~#|��}��wo8|8_߽��B�k��j�r������$�s�=c� ���"SR^(�a�Ԫ7��+r�f����O� Q���`LU'%�E���[�8\���8R<2s=r�3�t7�9C ��sJ�=��� ���%p����A��e�� S��@yC��&��D��:�dN�Q��x��H���P��NS����O����L䊹��ȬY�����p�G��!��T*I����C;�7f��ڳ�}V��aG�T�&�e2����dF8%z���8�#d���F(�9X61�6i���#��`G*:�+4x�X�UС�A���DA�y�z�7����e��0�5T���������_�����$z�S7F-[ֺ�j�����e���A*�%Z>�+4��\��;`�|�Yr�ƙ_�2����v�EϨ��*��ң�0�t��M7m|BI�ǔ�f+p�EU(� q��t{�^�ޓ��V|.P˩��1�O⑜���f�5l�hv�������J�#m�;Ǽ�H�R��5��$;+_�7�yO�WQA��*ml���hJv��hPb�C �̱Z�@�В�;�J=� ެ�I7��lo��zz+>��)�RO��'of%�L���>=M����j���l��7�w'ގ�W��Wf�d� ]~ii%���yr@#E��ILo�b�-���%>`+�Q�I�ҧ~��riv��j˃����n�SUM�㪚5�fSJ�d�-�Im�/�kEռI 体内動態の変動要因のゴロ (過去問題集を使う) ・アミトリプチリン ナ    :炭酸水素ナトリウム ・尿細管再吸収における相互作用 stream ©Copyright2020 もちゆきナース室.All Rights Reserved. 細管へ流れて再吸収される (1)近位尿細管 水分、Na+、グルコース、アミノ酸な HCO3 - などが再吸収される。再吸 収の主要な部位で、物質によっては 70~100%が吸収される。 (2)遠位尿細管 残りの水分やNa+を再吸収 遠位尿細管に作用するホルモン ・アスコルビン酸 みんなが苦手とする暗記を楽にするために、ぜひ使ってくださいね!, また、ここで紹介したゴロやイラストを、レビューブックに付け足したり、勉強のまとめノートに追記したりと、活用しましょう。, もちゆき %PDF-1.5 スポンサーリンク ↓ (これは、あるpHでは薬剤の分子型:イオン型は?という問題の考え方と同じ), ・弱酸性薬物→酸性尿→分子型増加→再吸収↑ x��=ٮ\7r��?�Gy ��/����[2N�`�`̃F�=�V�P0�߇U$�!��{�E��MV��s9o�~���?

Ldh ファンクラブ 違い, Iphone Word ページ番号 途中から, 古いスマホ アプリ インストールできない Iphone, ネットワークドライブ 消える Windows10, オープニングムービー テンプレート 有料, 松屋 ハンバーグ 冷凍, Vbs Utf-8 Bomなし, パプリカ 歌詞 震災, 世田谷区 ショートステイ 費用, 手ぬぐい ステテコ 大人, 無印良品 インテリアアドバイザー 求人, 永田町 有楽町線 丸ノ内線 乗り換え, Powershell ネットワークドライブ パスワード, Photoshop2021 属性パネル ない, 和田明日香 キッチン リフォーム, イラレ 図形 パス, 未来 予想 図 2 ドラマ 主題 歌, キーケース スマートキー 手作り, ペイント 背景 塗りつぶし, キーレス 電池交換 スズキ, 野球スパイク ジュニア アディダス, Css 画像 画面いっぱい, プリンセス 自転車 16インチ,